中小企業診断士事務所 中小企業支援はライフワーク 事業承継、経営改善、成長戦略を支援します

金融円滑化法

ポスト金融円滑化法

 ポスト金融円滑化法に対応する対策です!中小企業円滑化法の期限到来に当たっての総合的な対策
  中小企業金融円滑化法は、平成25年3月末に期限到来!
  金融庁では、関係省庁と連携し、以下の3つを柱とした取組みを示しています

     I.金融機関による円滑な資金供給を促進する施策

     II.中小企業・小規模事業者に対する経営支援策

     III.個々の借り手への説明・周知等

   NEW 中小企業円滑化法の期限到来に当たっての総合的な対策

(金融庁25年3月末)

  • 金融庁の出口戦略 2012年4月20日
       金融庁は、このような出口戦略を講じています!

 平成21年12月に中小企業金融円滑化法が施行されました
 これは金融機関に貸出金の条件変更等に積極的に対応することを求めるものです
 
 従来は 元金据置等の条件変更に応じると不良債権にカウントされておりました
 中小企業にとっては 今後の資金調達への影響が懸念され 金融機関にとっても不良債権の増加と引当金の増加という結果となることがありました

 今回の中小企業金融円滑化法の施行により 条件変更等への積極的な取組みが求められ 金融検査マニュアルの見直しにより不良債権とならないための手当てがなされました
 そのためには 実現可能性の高い抜本的な経営改善計画(実抜計画)が必要となります

 この中小企業金融円滑化法は 二度の延長がなされ 平成25年3月末が最終期限と決まりました これに対応するため中小企業の経営支援のための政策パッケージとしての出口戦略が講じられています。

 この出口に対応した経営改善計画の策定とその実行を支援します

  • 中小企業金融円滑化法とは
     金融庁から金融円滑化法の内容や施策について 積極的に広報されています 金融機関が貸出金の条件変更に努めるとともに 経営改善計画の策定支援等を行うことを求めています

  この中小企業金融円滑化法は 平成25年3月末が最終期限となりました

  click 金融円滑化法のことを知りたい

  click 金融円滑化法の総合パッケージ

  click 金融円滑化法の延長 (金融庁2010.12.14)

  click 金融円滑化法の最終延長 (金融庁2011.12.27)


  • 中小企業金融円滑化法の実施状況
     金融庁は 貸出金の条件変更等の取り組み状況を定期的に開示することを求めています 銀行は3か月ごと 信用金庫等は6カ月ごとに金融庁に報告するとともに ホームページ等で開示しています
     金融円滑化法の最終期限に向けて できるかぎり条件変更等に努めるという対応から 経営改善が可能かどうかを見極めたうえで対応する というように取組み姿勢が変わってきています

  NEWclick 金融円滑化法の貸出条件の変更状況 (金融庁25年3月末)

  NEWclick 金融円滑化法の実績推移 (金融庁25年3月末)

  • 金融検査マニュアルの見直し
     貸出金の条件変更等を行うと 要管理先等の不良債権に債務者区分がランクダウンすることがありました
     経営改善計画の策定などにより 不良債権とならないように金融検査マニュアルの見直しが行われました 

  click 不良債権とならない取り扱いの拡充

実現可能性の高い抜本的な経営再建計画が必要です!
                         資料:金融庁

  • 経営改善計画とは
     実現可能性の高い抜本的な経営計画(経営改善計画)が必要となります
     金融機関が求める経営改善計画は 適正な期間でキャッシュフローにより借入金を返済して 当期利益により債務超過を解消する計画が求められます

  click 経営改善計画の策定と進捗管理



 策定された経営改善計画は 定期的にその実績が進捗管理(モニタリング)されます  この実績は 計画に対して売上・利益で原則として8割以上の達成が求められます
 
 計画に対して未達成の場合 格付け・債務者区分のランクダウン(格下げ)や計画の再作成が求められます





a:6103 t:1 y:1

powered by HAIK 7.1.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional